sefure1.jpg

目次
1・セフレへの願望

2・セフレを作るある方法

3・セフレの成功確率

4・セフレの罪悪感

5・セフレ体験者の生の声 その1

6・セフレ体験者の生の声 その2

7・セフレ体験者の生の声 その3

8・TOPページ



セフレ体験者の生の声 その3



今回ご紹介している商材の体験者の方からの、

生の声が届きましたのでご紹介しています。


少しリアルかもしれませんので、気分を害されると

思われる方はご遠慮ください。




ここから〜

あれから少し仕事が忙しくなってしまい
活動できずにいたのですが先週より仕事も落ち着いたので
トラップを仕掛けてみましたところ、またセックスを
することができましたので、ご報告いたします。

メッセージが届いたのが2月21日の早朝です。

http://rakurousya.xsrv.jp/Pchan/public/l.php?0008&61&7m1

すぐにでもしたいのか何と携帯番号付でのメッセージでした。

当日であれば私も何とか時間があったので、すぐに
書かれていた携帯に電話をしました。

挨拶もそこそこに単刀直入に今日したいのか聞くと
可愛らしく「うん」と答えたので、ちょうど彼女と私の
住まいの中間にあたる駅で待ち合わせの約束をしたのです。

そそくさと身支度を済ませ電車に乗り約束の駅に到着。
彼女に電話を入れると既に到着してました。

27歳だという彼女は少し痩せ気味でしたが出るとこは
しっかり出ているナイスボディです。

駅から見渡すとホテルが数軒あったので彼女の手を取り
ホテルに直行です。

部屋に入って、軽く会話を交わし私が先にシャワーに入り
彼女に一緒にどうかと聞くと「今行きます」といって
シャワールームに入ってきたのです。

彼女の裸を見た私は我慢できずに抱き寄せキスをし
形のいいバストを揉みしだくと彼女の口から声が出ます。

そして彼女は私の愚息を手で握り優しくしごき始めます。

私も彼女の股間を手で刺激するとお互いの興奮も高まり
刺激するスピードも上がっていきました。

手で果ててしまっては勿体無いのでベッドに移動します。

彼女が持参したバイブで苛めてほしいと言われたので
それに従いスイッチを入れて彼女の股間をバイブで攻めました。

彼女は私の体勢を変えさせフェラをしながらバイブで
攻められている快感を楽しんでいます。

そして彼女は絶頂を迎えると私は彼女に休む暇を与えずに
挿入しました。

イッタばかりのアソコに私のモノを入れると
大きく悶える彼女。

フェラで十分高まっている私はあっという間に果てたのでした。

そして、その後2回もさせられてしまいました(笑)

私が今まで経験した数少ない女性の中でナンバーワンの
エロ度であったことは間違いありません。

そして翌日彼女からお礼のメッセージが届いてました。

http://rakurousya.xsrv.jp/Pchan/public/l.php?0008&61&7m2

きっと、またいたすことになりそうです(汗)

それまでに体力を付けておこうと誓っっています。

〜ここまで

ご覧になって如何ですが?ウソっぽいと思われる方も

見えるかもしれませんが、真実ですので興味のある方

のみご覧になってください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。